もりの風こども園 スタッフブログ|名古屋市守山区にある「もりの風こども園」です。

RSS | ATOM | SEARCH
給食おいしいね!☆パンダ組

こんにちは。パンダ組の園原です。

 

たくさん歩いてお散歩に出かける事や、公園を走ったり、虫探しをしたり、園内でもどろんこ遊びや追いかけっこ遊びを毎日全力で、思い切り身体を動かして遊んでいる子どもたち!!

 

給食の時間になるとお腹もペコペコになるようで、給食を食べる順番になると自分から椅子に座って配膳されるのを待っている子もいるくらいです。

 

それぞれいただきますをすると、夢中になって食べていますよ!

今回は給食を食べる場面で4月から変わってきた姿を紹介します。

 

まずは、お茶碗に手を添えられるようになってきました。

最初はスプーンのみを動かして食べる事でうまく口に運べず、床に落としてしまう事が多く、食べ終わりに近づくと

「先生、食べさせて」

「できない〜」

という子もいました。

 

保育者はその都度、少し手伝いながら、

「もう片方の手をお茶碗に添えると食べやすくなるよ」

と伝え、保育者がお茶碗を持って食べる姿を見せてみると、同じ様に真似をして持って食べる姿がみられるようになってきました☆

 


 

手を添えて食べる事で食べやすくなるだけでなく、食べこぼしも減ってきており、自分でできた!と満腹になる!という喜びにもつながっています。

 

また、食べられる量を自分で決めるができるようになってきました。

配膳された給食を見て

「何か減らす?」「食べられそう?」

と聞くと、自分で考えて

「これ」と指をさしたり

「これを減らしてください」

と言ったり、1口分や食べられる量を

“これくらいなら食べてみよう”と思い苦手な物も自分で食べる姿が見らるようになってきました。

 

 

もちろんお友達と食べている事で、「おいしいね」という会話をする姿も見られますよ☆☆

 

苦手な物や食べ慣れていない物もまだありますが、友達や保育者と一緒に食べる事で

 “食べてみよう” “食べられた”

という経験の積み重ねをしながら、食事の時間も楽しい時間であるようにしていきたいと思います。

author:morikaze2012, category:パンダぐみ(2歳児), 15:40
-, -, -