もりの風こども園 スタッフブログ|名古屋市守山区にある「もりの風こども園」です。

RSS | ATOM | SEARCH
けん玉遊びで育つこと☆にじ組

こんにちは、にじ組の古市です。

にじ組では、昨年末に園内でサンタさんからもらったけん玉を楽しんでいる子が多くいます。

初めはなかなかお皿に乗らず、子どもたちはとても苦戦していました。

しかし、お皿に乗らずとも玉がお皿に当たったり、玉を上にあげることが上手くなってくると、周りの子から「惜しい!!」と言ってもらい、それが励みになりました。

また、1月に中学生の職場体験があり、にじ組に来てくれた子がけん玉が得意な学生さんでした。

「コツはひざを使うこと」と教えてもらい、それ以来子ども同士で「ひざ使って!」と合言葉のように言っていました。

大皿、小皿、中皿、止め剣(けん先に玉をさす)などができると、保育室内の壁紙に名前を書いています。

名前が書かれると、出来た満足感と次への意欲に繋がっていたようです。

また、けん玉定番の技「もしもしかめよ」ができるようになった子もでてきました。

中には、一通りの技が出来るようになり、利き手ではない手で挑戦する強者も。

 

けん玉は、手先の器用さ、粘り強さ、集中力などが育つと言われています。

子どものそばで遊ぶ様子を見て、それを実感しています。

また、少し難しいけど、それが楽しい!面白い!と何度も挑戦し、たまに出来るという小さな成功体験が積み重なっていくので練習に熱が入ります。

けん玉をやりたい子は、とことん楽しめるようにしていきたいと思います。

author:morikaze2012, category:にじぐみ(5歳児), 08:03
-, -, -